logo

DNJフォーラム第4回報告 プリント メール
2月24日(土)関西VIPセンターのIBCにて牧師・宣教師・信徒(大阪、神戸、奈良、神奈川、東京、 他)が参集し、関西にひろがる意義深い集会がもたれました。
DNJは、帰国者や内外邦人宣教フォロアップを縦横連携で促進するイン ターネット・ポータルサイトベースの超教派ネットワーク  ( www.dnjonline.org )です。帰国者受け入れ協力教会の数も全国で8 0を超え、アカウント登録数も毎週増え続けております。フォーラムは 以下のように進行しました:

1.Make Us Oneの賛美
主よひとつにして下さい、主の愛が溢れる時、主の下にひとつとなるめ ぐみを感謝します。

2.ポータルサイトデモ
Devotionに用いられるフロントページからホームページ作成支援に到る 技術的サポートが説明されました。

3.メッセージ
IBCの黒田禎一郎師より、ヨハネ15:16に基づいて「神の選び (主導権)は神がリードし、使命・計画があり、目的があり、祝さ れる」と取り次がれました。また、デュッセルドルフにはじまり、中国 やNZに到る宣教30周年のDVDにも、励まされました。

DNJ Osaka4.DNJ in Action
12月のUrbanaは2月のRJCのために祈り、RJCは 2月のDNJフォーラムや3月のCambridgeRetreatのた めに祈り、DNJフォーラムはCR、6月の CampusMission、7月のKOSTA-Japan、8月のヨーロッ パ・キリスト者の集いのために祈りと・・・グローバルな祈りの連携が 積み上げられました。また、11/23-24の帰国者大会(DNJ Returnee Conference) について、「十字架の下に集まり交流するアラムナイと、内外邦人宣教 や在留外国人宣教を協力して推進して行く宣教フォロアップ」が 2日間に亘り開催されることが広報されました。

5.スモールグループ
帰国者の課題と対応について、多くの実例を含む実際的な意見交換の 後、全員で帰国者フォロアップのためお祈りしました。また、アフリカ の井上宣教師のため、お祈りがささげれられました。

今後予定されている11/23-24の帰国者大会開催、2008年に は8月の北京オリンピックに向けた日韓中のアジア宣教、8 月 のEARC協力、そして2009年には日本福音伝道会 議における提言などが示され、DNJ利用による祈りのネットワー クがフットワークにより拡充され内外 宣教のチームワークを 以って、邦人宣教が一層拡大されることが示されました。

それを受けて帰国者クリスチャンのフォローアップをテーマにスモール グループでディスカッションが行われ、最後に全員参加による祈祷で締 め括られました。

DNJ ロードマップ
Roadmap 206

今後帰国者や宣教師フォロアップのためDNJがますます活用さ れ、ネットワークがフットワークによりチームワークになり、豊かな受 け皿がひろがり、主に立ち返る魂が益々興されますようお祈りください。
DNJオープン1周年の2006.11.25付第3回と今回開催 された2007.02.24の第4回により、DNJは 2007-2009に向け世界各地域、特にアジアのリバイバルのために地道に 祈りの輪をひろげて行く予定です。

 

最終更新日 ( 2007/03/02 金曜日 23:12:07 CST )
 
< 前へ   次へ >